なるるのブログ

ついに放置しがちになりました。気が向いたら書きます。。

新春試乗会の1

新春気分も落ち着いた1月4日。前夜にふとしたことで気分が盛り上がって
我慢しきれず、車2台試乗に行って来たのでその感想を垂れ流したいと思い
ます。

IMAG2946 

 

 きっかけはS660の仕様が流出したお話。


ホンダ S660、内部資料が流出 【 F1-Gate.com 】

これね。車体寸法、諸元、一部内装等々の資料が流出したという話。
スペックを見る限り、今どきの基準を満たした上でビートの760kgから
70kg増の830kg(6MT車)で馬力はともかくトルクは1.7倍の10.4kgmを
2600回転という低回転から出してくるいまどきのダウンサイジングEG
ので高回転は6000rpmくらいしか回らないのでビートみたく回してなんぼ
という感じでは無いけどそこそこ走りそうだなぁという感想。
あとは車体次第だねと。

でまぁ今どきの軽でスポーツカーの雄といえばそう

ダイハツ コペン

試乗は以前旧コペンに試乗しに行った事がある某ディーラー。
コペンの時と同じくやたら愛想のイイ女の子が対応してくれ
ました。ささっと説明を聞いて試乗をお願いします。
ここ一人で試乗出来るんですよねぇ。

おねーちゃん乗せて楽しい会話しながらオープンカー試乗

したい・・・という気持ちをぐっと押さえて背中で泣きながら一人で
試乗に向かいます。あ、もちろん言えば女の子同伴で試乗も出来るん
ですがまぁ一人のが車の事は良くわかるんで・・・ね・・・・

 

IMAG2947 

IMAG2948 

 まずは格好から。外装が現在のところ2種類。組み換え可能という事で

安っぽいんじゃね?
と思ってましたがそんな事は無く良い車感は出てます。
デザイン自体はちょっと子供っぽいというかどこ狙ってるん?
みたいな中途半端感を感じます。見た目だけで言えば好みは別
として旧コペンのが良かったなぁと思います。
この青は綺麗で良かったですね、結構好きですがオプション色なので
お金かかります。。標準色は黒、シルバー、オレンジ、黄色。
んー原色系は微妙かなぁ・・・自分が乗るならこの青がいいかもです。

IMAG2949 

 内装は頑張ってると思います。かなり絶壁ですがセンターコンソールの
辺りとか普通じゃないんだぞ!という主張が好ましいです。
ただ、、どまんなかにでっかくそびえ立つナビ。。コレオプションの
オーディオ取り付け枠なんですが・・・コレが無いと正真正銘

オーディオレス

になります。つまり専用オーディオでは無く、
1DINすら付けるとこ無いんです。。しかも1DINの場合でも
2DIN枠しか無いとこに小物いれと共に付けるとか・・・

なんだそりゃ!?

感満載です。

まぁ今時の車ですし後述しますが車の性格的にもナビは合ったほうが
と思いますがなんというかもにょります。。
あとシート、シートは先代はオプションのレカロが固いなぁと思いましが
今度のコペンはサイドサポートが変なとこのあたって痛い・・・でした(^^;
なんか幅狭いのか肩甲骨の外側あたりが妙に狭くてですね・・・体格の
問題もありましょうがちょっと気になった部分。

 

気を取り直して試乗。20分程度自由に乗ってくださいと言われ
街へ繰り出しますがまぁ山とかそういうわけでなく一般道です。
第一印象は

超乗り心地良いなコレ・・・

ボディ剛性めっちゃ高いな・・・

でした。屋根開けたまま試乗でしたがそんなに舗装の良い
道で無いにも関わらず

ミシリとも言わない・・・

ボディ剛性が高いからか足も良く動いてる感じで旧コペンで感じた
鬼ほど乗り心地悪いな・・・という感想は微塵も感じない位よく出来た
足でした。これは良い意味で裏切られました。元々コペンは今時の軽
なので乗り心地も良い上でちょっとやんちゃしても受け入れてくれる
車!という勝手な自分のイメージだったんですが旧型は前述しましたが
乗り心地が足固めたビートよりも悪い・・・けど走りそのものの質は

限りなくビートの近い

という車でした。ほぼ同じ道を試乗しましたが旧コペンはスパスパッと
気持ち良く曲がるというか動きが凄く軽くて気持ちい良いハンドリングでした。
が固い足回り故か無駄に扁平率の低いタイヤだからか物凄く突き上げ感が
強く楽しいけど悪い意味で疲れる車やなと・・・

対して新型はしなやかな足回りだけどさりとてふにゃふにゃじゃない。
まぁ旧コペン程ソリッドなハンドリングではなかったです。むしろ動きが
重たいなぁという感じ。でもすごく上質な感じ。車体剛性がめっちゃ高い
ので扁平タイヤも難なく履きこなしてると感じました。

先代がスポーツカーと言うなら
新型はグランツーリスモと言うべきでしょうか?

楽しさ、という面では旧コペンでしょうが車として欲しくなるのは
新型コペンですね~。
CVT+マニュアルミッションは若干もっさり回転と速度が比例しないの
で個人的にはちょっと・・・とマニュアルモードにしててもシフト忘れ
ちゃったり勝手にシフトダウンしたりあげたいのに上げれないとか・・・
パワーはターボなだけあって結構ありますね。飛んで行くような加速では
無いものもっさりという感じでは無かったです。
というかスピードも割りと乗りやすい。あと排気音が結構それっぽい音が
します。前の4気筒から3気筒になって志的にはマイナスですが純正の割に
低音の聞いた安っぽくない音で気分は盛り上がりました(w
ちなみにCVTのマニュアルシフトは7速ありますが街乗りでは5速以上入り
ませんでした(^^; 一瞬6速でしたが無用の長物っぽいです(汗
まぁただやっぱり乗るならMTかなぁ。。別のディーラーにはMTの試乗車も
あるらしいのでちょっと気になる所です。

オープンカーな部分はエアロボードが標準装備だけあって窓全開でも
快適そのもの、風の巻き込みも少ないので女の子に不評を買うことも
少ないんじゃ・・・ない・・・か・・・な・・・・

あと

電動RHT

はやっぱ便利。40秒程で開けたり閉めたり、開けるのは多分ビートでも
苦にならないし、開けるだけならビートのほうが速い気がしますが・・・

自動で閉まるって素晴らしい!!

ええ、いちいち降りなくても、ダラダラ進む渋滞の中でもどこでも
いつでも閉められます。あぁ羨ましい(ヲ


あと特筆すべき点として屋根収納してなければこんな車なのにグルフバッグが
一個収まるという

広大なトランク(汗

おねーちゃんは一人で旅行でも余裕ですよーと言っていたが
テニスラケットが入るんですよ!すごいでしょ!!というビートの
トランクからしたら・・・

2人で2泊3日は固いレベル

 の収容能力。外寸は同じくらいのハズなのに先代より遥かに広大な
室内とも相まってますますグランドツアラーだなぁと。
最後にお値段。CVT車が188万、MT車が191万とMT車のが高い上に減税
もされないのでMT車はホンマに趣味の乗り物になってしまったのだな・・・
という悲しき時代の流れ。。コミコミだとやっぱ200万超えて来ますねぇ。
高いか安いかで言えば内容に対しては安いんじゃないかなぁと思います。
気合入った車だけに作り込みに隙は無いように思えますし、200万もする
車・・・という気持ちに対しては十分答えてるように思います。内装も安っぽく
無いですし。所有感をちゃんと満たしてくれるお車だと思います。
そういう意味でナビもあったほうがええんやろなぁと思った次第。

個人的には・・・

かなりツボです(w

新しい車は乗り心地もええんやろなぁというのを体現してくれた
ある意味理想の車です(w 趣味性も高いし乗り味も良い。
外装もディーラーの人曰く15年末くらいに追加されそうです・・
らしい旧コペンに似た外観の奴ならまぁなんとか・・・
と思えるくらいよく出来た車。

ビートの代わりにはならんですが良い車として所有感を満たして
くれる満足度の高い車じゃないかなぁ。コミコミ220万が高いか
安いかなんともですが選択肢としては多いにありな一台だと思います。

 

で、コペン試乗の後ビートに乗ったら・・・

音は確かにするけれどビートのボディ剛性ってコペンに勝てずとも
決して悪いレベルでは無い・・・むしろ足固めてるのにこれくらい
の乗り心地で済んでるしEGの気持ち良さ、走りの気持ち良さは
比べるべくもねぇなぁ・・・などと結局元の黙阿弥になるという。

 

ちゃんちゃん。

長くなったのでもう一台の試乗は別で上げます(^^;